森めろこです。

はじめましてこんにちは。
私については、about moriというページをご覧ください。

そちらに自己紹介、リンクがございます。
よろしくお願いします。

visitor

20170215

ただいま。

今日は長いですよ多分。

夫が岡山、香川へ泊りがけで出張に行きました。しかも風邪っぴきで。14日の0時に誕生日を迎えた夫に「おめでとう!」と言わなかったことに怒り、喧嘩になり、喧嘩の時に普段喋らないから喉を使ったら風邪引いたってオチです。二人ともバカなんだろうね。知ってる。

ヒップホップ関連のwikiを見ていたら突然、宇多丸さんのラジオ聴きたくなって聴いてました。一回入れて消したradiko入れて色々聞いてます。ラジオ苦手なんですけどさすがに毎日バイキングは飽きてきた。バイキング結構面白いんですけどね。たまにはラジオもいいかな。でもテレビもつけてる。音だけって怖くてむり。TBSラジオ色々あるんですね。ごめんなさい知らないフリしました知ってます。
昔、引きこもり時代に安住さんのラジオと、バナナマンのpodcast聞いてたけどあれもう10年くらい前か。というかTBSラジオって夫のサークルの先輩がいて、さっきも名前出てきた。さすがだなー。大学卒業の時にテレ朝に決まってたのになんと留年してしかも翌年ちゃんとTBSラジオ受かるっていう優秀さ。さすがや。

えーーと。何から話せばいいかわからないくらい色々あって、色々って言葉で片付けることもできるけど、それだったらブログやってる意味をあまり感じないのでちゃんと説明しますね。させてくだされ。

まず、年明けのブログを書いた後に、もういつだったかわからないけれどブログをやめようと思って放置してました。ここ13年ほど(あ、うちのねこと同い年だ)自分のやってきた、文章を書く作業が向いてないんじゃないかっていうかテーマを設定していない日記なのでどうも書いていて「何してるんだろう金にもできてないのにこんなことに労力使って意味ねえじゃんやめよ」と思って一応夫に報告しました。私は「報告」したのであって「相談」したのではないのですが夫が大反対でして。長時間に及ぶ話し合いがあって、夫はとにかくなんでもいいから打ち込めるものを作ってほしい、という感じでした。私はもうやりたくない、の一点張り。平行線を続けたのちに「俺の提案を否定から入るな!」という痛恨の一撃の前にぐうの音も出ず。

世の中は絶対に、絶対に理屈っぽい方が得です。絶対なんて無いって言うけどでも絶対は絶対無いっていう屁理屈。理屈っぽいって、めんどくさい奴だなって思うけど相対的に頭良いし物事を的確に言葉で表現できるんですよ。

私は全く理屈がこねられない。攻撃されないように穴埋めができるかもしれないけれど、理屈で色々と説明できない。それが表現者の根底には必要なのではないかなあと思ったんです。絵や彫刻なんかだったら感情でも良いんだけど、映像とか文章って理屈が無いと無理ですよね。だからやめようと思ったのです。

ここ数日、本当に自分探ししてました。自分の性格をなんて形容するんだろう。どこが譲れなくてどこが譲れるんだろう、私が好きなものってなんなんだろう。好きなのに理由がいるのかな、と。みんなは20代のうちに終わらせておこうね!
その時に私が好きなかわかみじゅんこさんの漫画にあった言葉を思い出したのです。かわかみさんが若い時に友達の漫画家、雁須磨子さんに「私描きたいものがわからない」と相談したら「でも描きたくないものはわかるでしょ?」と言われて救われた。と。
よくこんな返しできますよねえ。機転というのか、やはりロジカルなのか…

そして私も好きなものはふわっとしているけれど、嫌いなものはすごくある!!!ってわかりました。

なんでこんな話したかっつうと、前のブログを書いてからかなり体調を崩してしまったのです。毎週病院に通い、血液検査、その他薬の入れ替えなどを繰り返して、やっと先週くらいから夫と一緒ですがキッチンに立てるようになり、週末の家事も手伝えるようになり、食べられるようになりました。吐き気止めとガスターをやめたのが本当に大きかったようで、本当に食べなくなりました。102kgから92kgまで減ったけどそれから減らない。悔しい。まあ多分ゆっくりいくんだろうな。

その時に唯一触れたのがツイッターでした。結果的に言うと、ツイッターはやっぱり嫌いです。特に私は年末にメンヘラ.jpというサイトで記事を載せてもらったこともあり、本当にどこに住んでるのかも知らない人からフォローされたりしていて、気が向いたらフォロー返ししていたんです。まあ結果的に言うとそれが悪かった。ちなみにツイッターは先ほど削除しましたので消えていてもブロックしたわけではありません。アカウントはもう一つ持っておりますがそれも閲覧用、韓国ドラマ、Kpopアカウントなのでフォローしてくださっても意味ないです。ていうか鍵かかってます。バイトしてる時の話とかふつーにしてたので中身見られるとまずいんですよねてへ。遡って見たらびっくりした。でも検索したらすぐ出てきますよ。存在を隠してはないので。検索したらすぐわかる便利社会。

ツイッターは嫌いだけれど、本当に勉強になりました。嫌いってわかって、嫌いって言えるようになれたし。私が好きなものを思いっきり論理的に否定されてたりすると血の気多いので喧嘩ふっかけようか、と何回思ったか。でもその時に相手の気持ちにも立ってみるんですよ。そうだよねこうこうこういう理由で嫌いなんだよね、とか思ってみたり。その人の人生観が私と合わなくて思いっきり否定されてても、この人はそうなんだ、私は私なんだ、と落ち着けるようになったり。
それはまだよくて、むしろ正面きって自分の意見言ってる人は気持ちよかったのですが、一番多かったのが、文句は言いたいんだけどハッキリ言いたくないから「主語を抜く」というもの。だから「嫌い」て書いてあっても「何が」嫌いなのかわかんないの。だから「あれ私なにかしたかな」とか思うんですよ。被害妄想型のチキンなので。それが一番ストレスでしたね。きっと強い人は我が道を行く!ってバッサバッサ前を進むんだろうけど。でも私みたいなタイプはこうやってブログ持ってそこで全部書いた方が精神衛生上いいんだなって思いました。もっとツイッターに関して暴言吐けるけどツイッターやってる人って多いだろうから少し嫌われても仕方ないけどそんなに進んで嫌われたくないからやめとく。

インスタに昨日かな、戻ったのですが本当に気分がすっきりしました。心の底から「ただいま」って思いました。「おかえり」って言われて、ああそうだ帰ってきたんだ私、て。おおげさでしょ?私の世界は半径3mくらいですよ。本当に最初は勇気出なくて、アイコン押すまでにタバコ2本くらい吸ったりしたんですけども。でもこうやってやめようと思ったブログを今こうして書いているのも、「ブログも更新されてなかったから心配してた」と書いてくださった方々がいたからです。しかも実は、DMも数人の方から心配して送ってくださってもらってました。私はLINEもなのですがサイレント通知で、しかもインスタはDMだけサイレント通知でわかる仕組みになっておりまして。ツイッターのストレスのひとつもそれで、その時に返事しなきゃ、と思うのがストレスになっちゃうので通知は極力最低限にしてあります。時々通知で「めろちゃん大丈 …」みたいな感じで見えてたんです。でもどうしても 今何を見ても何も考えられない、みたいになってて。

とりあえず薬が入れ替わったりなくなったりでして、SSRI(よく知らないけど精神病にはまずはこれ、てきな薬)の代表格、レクサプロも、メイラックスもジプレキサもとりあえず全て少しずつやめたのもあり本当に辛くて。冗談ではなく、トイレ以外吐き気と焦燥感で寝たきり。しかもずっと下痢。下痢は今もなんだけども。年末から具合悪くて、だましだましきたのが本格的に悪くなってきたのが1月後半くらい。多分体の中の薬の血中濃度が一気に下がったから。でも今の先生はとにかく血液検査の繰り返し。なんの成分が足りなくて、なんの成分が多いのか。

最初の診察で「こんなに薬は出したくない。おかしい」と言われたのは多分前にも書いたはず。その時に「吐き気止めとガスターがおかしい」となぜか言われて、いやそんな、私の中心はもはやそれなのに?と思いつつ血液検査。その後すぐにプロラクチンという女性ホルモンの値が、16〜35で通常のところ、75を叩き出す。「こりゃ生理も不順になるし下痢にもなりやすいよ。これ基本的に授乳中と同じ状況だからね」と。

その後、パニックはわかるとして、もしかして双極性(躁鬱)もじゃないかな、ということで本格的に躁鬱の治療開始。リーマスという気分をフラットにする薬を最低限飲んで、一週間経ったら血液検査。その数値は気分の安定具合かな、炭酸リチウムって書いてあったけど今調べたら「脳の細胞の情報伝達を増幅する化学反応に干渉する」って書いてありました。うん、意味わかんねえ。
とりあえずその数値が0.6〜なんですが、0.2しかなくてですね。足りてないんです。要するに鬱状態?なの?かな?躁鬱ってことなのかな?わかんないけどそうだったので薬を増やしてまた一週間したら血液検査。そしたら0.57まで上がってました。それが今週の月曜でした。そして一緒に検査した3ヶ月ぶりのプロラクチン(女性ホルモン)も75から24くらいに下がっていました。思わず「先生あの状態でよくあの薬が原因って突き止めましたよねえ〜」と言ってしまうほど。そしてまんざらでもない先生。

そして薬漬けだった私は今、ソラナックス(という名前じゃないけど同じ)3錠、コントミン3錠、リーマス4錠、寝る前の眠剤のみになりました。多分3分の1以下になったんじゃないかなあ数えてないけど。そして先生は話していて私がメンヘラのプロであるとわかったのか、「ソラナックスもコントミンも自分のいいように抜いたりして飲んでね」と言われております。今は夜分を抜いております。

ほんと食べられるって素晴らしい…。そして私は普通の感覚を取り戻しました。先生曰く「そりゃーあんなに飲んでたらぜーんぶ抑えられちゃうよー」って。代表的にすごく変わったのが「泣けるようになったこと」。「海街diary」という、吉田秋生さんの漫画、5冊くらい連続で読んで毎巻一箇所で絶対泣くし、「くるねこ」でも毎巻泣くし。感動したらすぐ泣くし。そんな頻繁じゃないけど今まで1年に一回泣けばいい方だったのが10年以上だったからびっくりですよ。

その代わり悪いところもあるんです。夫がいると安心できるんだけれど、夫がいないと不安なことが多くて、だから「それなら安心できてる夜の分の安定剤抜いてみたら?」ということになったのです。昨日抜いてみましたが大丈夫でした。でも今日はいないからなー。とりあえず先生としては安定剤は即効性があるけど常用するもんじゃないから、ということで最終的には無くしたいらしい。私もなんやかんやいける気がする。ここまで減らせられたんだから、って思ってる。

でも炭酸リチウムの値が普通になるって、いわゆる「普通の思考」になることらしくて、「芸術やる人はさあ、本来聴こえないもの見えないものが体感できるってことだからさ、でもそれって医学的には 躁に振れてたりする場合が多いから〜、まあつまんない人間にはなるかもね」ってめっちゃ笑いながら言われた。大丈夫元々つまんない思考ですから。てか普通ってなんだよそれ。誰の定義付けなんだよ。

インスタの反応もものすごく興味深かったですよ。確かにすごく素直に喜んでコメントくださった方も沢山いらっしゃったのですが、その内容もそれぞれ個性出てて、他にもコメントは無くていいねを押してあってあえて触れないようにしている方、本当に何もなかったかのような付き合い方の方、気付いてないけどフォロー外されてる場合もあるんだろうな(見てない)。

そもそもインスタもツイッターもただのSNSですからね。それに振り回されたくないけれど、私はインスタ本当に楽しいから好きなんです。きっと他の人より、もっともっと自分の中でのブログやインスタの比重が大きいんだと思いますよ。この前友達が別の話で言ってたんだけど「ペラい同情とかいらない」という言葉が残ってるのですが、私はペラいの好きだな〜。だって私がペラいからね!ペラくてもなんか言ってもらえた方が私は嬉しい。言葉にするって大変なことだもん。なんにせよ堂々としている人はどんな人でも素敵だと思う。きっとインスタの方々も色々あると思いますよほんと。絶対ある。言う人言わない人いるだろうけど、でもそれを重い感じにせずに(私の周りは)インスタの「軽い」という性質(私はそう思ってる)を使ってポップにする感じ好きですけどね。ほんと人によると思いますよ。私と逆でツイッターの方に重きを置いてる人もいるだろうし、仕事が一番な人も、趣味に一番な人も、色々いていいじゃないすか。楽しけりゃなんでもいいんすよ。

なんかちょっと攻撃的ではあるけれど思考がそう固まったのはツイッターと、もうひとつ。それが引っ越してから見始めたフリースタイルのラップ番組。それから派生して、夫婦二人でヒップホップの歴史をお互い勉強中です。あれはまだ歴史は浅いけど、色々なことがあって、でも年表にはなってないから色々キーワードを聞いてから調べたり。お互いそれぞれ調べてる感じですね。2001年にラップにハマった時に一瞬だけそのシーンを覚えているけれどそれが役立っております。それからAbema Freshという動画?チャンネルみたいなもので夫婦で好きなヒップホッパーがやっている番組があるのでそれを定期的に見たりしていて、彼らの生き方にすごく共感したのは正直あります。

かなりアウトサイダーギリギリのところですが、今んところ思っているのが「好きだから頼むから捕まらないでね…」ということです。昔、リンカーンて番組で出てた練馬ザファッカーのD.O.くんとか覚えてる方多分いますよね。三つ編みの彼です。あの後捕まったりしつつですがBSスカパーのBAZOOOKAという番組にたまに出ててパフォーマンス見たんですが実は結構社会派で、良いラップするんですよ。まあ地上波は無理ですけども。

裏でどんなことがあるかはわからないですが(本当にほんとはやばいこととか色々あると思う)ヒップホッパーの生き方ってなんか共感できるなあという部分もあるんです。強さ、というか、自分がおかしいと思ったことはdisる、みたいな。問題提起みたいな。だからもしかして私が攻撃性が増したのはそれもあるのかもしれないな、と。でも解決したら友達、みたいなね。それか鬱か。

確かに二日間だけものすごい鬱で死んでたけど、それ以外に鬱っぽい症状を自分で感じられない。多分、鬱=落ち込む、泣く、としか思ってないから。でも友達に「前に当たり前にできてたことができなくなること」と言われて、ああ!と思った。おとといからスキンケアができるようになって、そろそろ化粧もできるようになれたら。病院もガチすっぴんですからね。

そして、前置きが長くなりましたが。
インスタに軽く書いてありますが(ここまで沢山書いたので眠くなってきたけどできるだけ頑張る)親と絶縁しました。ブログ開いたら前の記事が実家のこと書いてあるじゃん、てびっくりした。

我が家がとある宗教の信者であることはずっと言っているのでご存知だと思います。私は一度も信じたことがないので沢山喧嘩してきましたが結婚する時に夫に「辞めてほしい」と言われました。でも私は「親の許可なしには辞められない」と思って母親にお伺いを立てました。そしたら「私の目が黒いうちは絶対に脱会は許さない」ということで「一切の活動をしない強制しない」ということで手を打ったのです。

というかこれなんか色々タイムリーすぎなんですけど私が先ですからね!これほんと。

まあその後も選挙のたびにどうたらこうたら言われたので「私も夫くんも入れておいたよ」とか言ってました。もちろん嘘だよ!これでいいんだと思ったし、これからもこうなんだろうな、と思ってました。何も疑ってなかったです。

ブログもやめて、体調悪いある日に「奇跡が起きました!従兄弟くんが入信(入会)してくれることが決まりました!」てキラッキラのLINEが来たんですよね。その瞬間に、自分の中の何かが全て崩壊していくのを感じました。あの時の気持ちは一生忘れられないと思います。全てに対しての嫌悪感。前にも書きましたけど、従兄弟は今、ガンの治療中です。そんなことを、人としてやっていいのか?ということを思いました。信じられなかったです。母親が母親に見えなくて、思えなくて、もう話もしたくない、関係も持ちたくない。それしか考えられませんでした。でもその時は、この気持ちは一瞬のものかもしれないし、と思って「へえ、よかったね」だけ返しました。

そのことを中々夫にも言えなくて、でもある日言いました。2週間くらいは電話かかってきても体調悪いとかなんとか言って誤魔化しました。でもどんどん嫌悪感は募ってしまってもう止められないんですね。すごく考えました。こういう時に相談できない人間なので、一人で色々考えてしまって。ある日の夜中にいつもの人とLINEしていて、暗いダイニングで座ってたんですが、思い切って「もうだめかもしれない」と打ったら、どうして、みたいな感じだったのでこうでああで、と。その時に「よく考えて」と言われて、「もう沢山考えた。ごめんねって気持ち。一緒に信じてあげられなくて、娘でいてあげられなくてごめんねって感じかな」みたいなことを打った時に、いきなり涙がこみ上げてきました。「なんか涙出てきた」と打ったらさすがにクールなあの人も「どうした!?」てきて。

次の日、夫に「(親とは)もうだめかもしれない」と切り出した時に、子供みたいにわんわん泣きました。あんな泣き方したのは20歳以降あったかな。だーーって感じ。ずっと泣いている私が泣き止んだ時に夫が私に「とりあえず今の気持ちを手紙に書いて送ったらいいよ」と言ってくれて、手紙を書きました。向き合いたくないものに向き合うから、吐き気もしてきて、手は震えるし、書道6段なのにめちゃくちゃ字が汚かった。でももう絞り出して書いて、切手買ってきて、翌朝夫が出した。

内容は「もう限界です。お母さんがしたことは、人としてやってはいけないことです。もう付き合いきれません。お母さんが「お母さん」でいる時は大好きでした。だから許せないことも見過ごしてきました。見たくないもの聞きたくないもの全て蓋をしてきました。今回のことはキッカケに過ぎません。今までの沢山の出来事が積み重なって、コップに少しずつ少しずつ水が溜まるように、今回のことで溢れて、割れました。浪人したし、学費も高かったし、仕送りももらったし、留年したし、病気になったし、実家で静養させてもらって経済的負担をかけたのもありがたいし、恩に感じていたので、自分なりに親孝行してきたつもりでした。でももうごめんない。お母さんと、お母さんを通して見える宗教から手を切りたいです。ごめんなさい。一緒に信じてあげられなくてごめんなさい。こちらから連絡するまで待っていてください。それが何年後になるかはわかりませんが」

みたいな感じ。かなり端折ってるけど。
最初に辛かったことは、8歳の時に自家中毒(周期性嘔吐)で今まで吐いたこともなかったのに突然日曜日の夜に一晩中吐いて、病院行く途中もマンションの入り口でも、家でも。その時に母親は眠くなってしまったらしくて、部屋に新聞を敷き詰めて「ここで吐いてね」と言って隣で爆睡。まあそんなことはいい。でもなんで寝たのかわかった。
翌日は東京か(当時名古屋)お山と呼ばれる、今は破門されたけれど関連のお寺があったんですけど、どっちかに行っちゃったんですよね。だから私、吐きまくった翌日なのに、夜まで一人だったんですよね。ひとりっこだったから。気持ち悪くて熱もあるのにお水もお茶も誰も持ってきてくれない。7歳にはきつかったかも。父親が気を利かせて早めに帰ってきてくれたけど、当時はバブルの頃だし、あんま家で会ったことなかったからお互いどうすりゃいいかわかんないし。

てのとか、まあ言ったらキリが無いけど色々あって。この色々は説明がめんどくさくなってきたからですすんません。

小中高は父親がいる間に起きたら母親が起きててごはんあったけど、半々。ごはんはいらないから別にいいんだけど、その、父親が食べてった朝のテーブルが帰ってきてもそのままなんすよね。帰ってきてもいないし。中学後半からは朝全然起きなかったし。そんなんだから家事もできなくて制服とか下着足りなくなるんですよ。私もまたアホだから洗濯回せばいいのにそこに気がつかないのもしょーがないけど。だから脱衣かごからもう一回取って着るんですよね。あれがね、本当に情けなくて。でも今思い返すと私も部活やってたから家事する時間ねえな。

そもそも、そもそも、母が入信した経緯。祖母が変わった人で宗教が好きだったそうで、本人も言ってたんだけども片っ端から宗教に入ってみてはやめてを繰り返してきたみたいで、57歳くらいの時に勧誘されて入ったら、当時躁鬱で悩んでたけど入った日に治ったそうですよ。これだ!と思った祖母は4人の子供全員に入信させて、中でも一番熱心だったのは不妊治療10年目くらいのうちの母親。父親は付き合いで入信。それから東奔西走していた母は不妊治療をやめた頃にめでたく妊娠。→これは功徳(信じたおかげ)だ!!!!

めろちゃんは宿業を背負って(?ここらへん曖昧)生まれてきたのよ。信じるために生まれてきたのよ。

ここらへんの話は耳タコですわ。
父親は半信半疑っぽい感じで、冷めた目線を感じてた。時々喧嘩してたし。ただ、私が大学在学中に母親が一度原因不明なんだけど寝込んで(病院嫌い、怖いから)食べない喋らない人が来ても会わないってのが1ヶ月くらいあったらしくて、その数年後父と二人で車に乗った時にこの話を聞いて、諦めたように「だからあの時おとうさん思ったんだ。おかあさんが幸せならもうなんでもいいって」と言っていた。

こっちはなんでもよくねーよ

そもそも私も間違ってた。信仰の自由という言葉をちゃんと理解してなかった。どうして私はやめたいと思ったのに、いやずっと思っていたのに結婚する時に「お伺い」を立てたのか。そこでキレる母親ならそこまでじゃん。って今は思う。

幹部の娘だし、いつも毎年大きなカーネーション贈って、誕生日も欠かさずシャネルの口紅。自慢できるからね。シャネルなら誰でもわかるし。使わなくなったソファ、テレビ、ブルーレイレコーダー、色々あげたけど、それも私が夫に頼んだって知ってるのかな。親にお金がないから私も使った一人だから、恩を返さなきゃって自慢の娘にならなきゃって。ま、勝手にやったことだけどさ。

それでも夫に相談した当時は全く洗脳が解けてなくて、罰が当たるかもしれないってずっと言ってた。でも夫は「てかめろちゃん、うちの実家の寺(夫実家のお墓がある一般的な寺)で毎年お札作ってるじゃん。なんもなってないじゃん」と言ってて、あ、そうだ。と。義母さんに聞かれたんだった「めろちゃんのお札作ってもいいかい?あっちのお母さんがどうかなって」と聞かれてうわー気を遣わせたなと思って「私はもり家に嫁いだのでもり家に全て従います。でもこのことは母には言わないでください。ただ事ではなくなるので」と返した。「そりゃそうだな。内緒で作っておくよ」て会話したのがもう何年前なんだ…なんか罰があるとしたらとっくに当たってるわクソが。

そして私は本当に周りに助けられておりまして、幼馴染はSNS一切やってないのだけれどブログをスマホから見ようとしたらブックマークが消えてて私の名前で検索したらツイッター出てきて顛末を知ってLINEくれました。

めろこちゃん、ツイッター見たよ。でももう見ないからめろこちゃんに直接聞いていい?
仲直りしよ、なんて言わないよ。後悔するかもしれない、でもいい、一緒に後悔しよう!てかして!!

と言われました。
実は幼馴染もお母様と絶縁してる。うちの母親と幼馴染の母親はとっくに絶縁してるから、幼馴染だけの付き合いっていう変な状態になってた。この言葉はめちゃくちゃ響いたし、決心がついた言葉だった。幼馴染がいてくれてよかった。

その後手紙を出して到着する日。ソワソワずっと待ってたら、電話が鳴った。母親から。出なかった。LINEで「そっとしておいてくださいお願いします」と返したら「心配です(鶏の絵文字)」って。はっ?自分の心配でもすれば?て本気で思ったよね。

しかも、多分だけど母親は父親に手紙見せてない。連名で出したのに、隠した。というのも、実は父の実家がその宗教に大反対。父が子供の頃、終戦直後で(時代!)かなり悪質な勧誘してたみたいで。それから父方の祖母が大嫌いだったので、親戚が我が家に来る時は襖とかで仏壇隠すの。それが普通で育った。

ただ、祖母が2007年に亡くなってからは母が義妹に勧誘して携帯御本尊(テレテテッテレー感)を持たせるようになったり(要するに入信させた)そこまでは知ってるのだけれど、他の親戚は死んだり死にかけだったり遠かったりで何もできなかったみたい。もしかして、そのことを父は知らないのかもしれない。いとこのことも。だとしたら手紙を見せられるわけがない。

さあどうなる!!!

知らねえ!!

LINEとか電話を拒否してないのは夫の提案です。「あの人たちは何するかわからないし家に来られても困るから連絡する手段は残しておいた方がいい」と。それから連絡はないです。

しかし、幼馴染に手紙到着日に久しぶりに「元気?」とLINEが来たらしい。もうこれ聞いて無理って思った。こういうことする人が本当に嫌いなのに。でも幼馴染は「様子見てくる」と言ってくれて「知ってると思うけど宗教絡むとほんとキチガイになるからやめて」と言ったのだけれど「私は何も聞いてない知らない。自分の言葉で話すだけ」と。

その後、もり実家に影響が無いように、と一応根回し。でも電話しておかあさんの声聞いたら安心してまた泣いてしまって。 おかあさん、義妹が来た時はもうそのことは起こっていたから余計にその時、「ふつうの、こんな家族が欲しかった」て心底思ってた。そしたら笑いながら「ゆっくり、ゆっくり」と言って聞いてくれて、全部聞いてくれて。でも「絶対に縁は切れないからね!死ぬまで付き合うんだよ結局」て言ってて、それもその通りよなと思う。生きてる間に和解できたらいいねえ。(他人事)

ついこの前の日曜にも電話くれて、「どうなったかな?て思ってね」と。1時間くらい雑談していたけど、私にだけの話とかしてくれて(話の内容聞いたらこりゃ家族誰にも言えねえという笑えない笑う話)なんか距離が詰まったなあって思った。なんだろやっと嫁入りできたのかも。もっと頻繁に帰りたいなあ。でも遠いんだよなあ。

あと私、声に出して「おかあさん」て言えなくなっちゃいました。お姑さんには普通に言えるんだけれど、友達のおかあさん、というのも言えない。言いたくない。すんごい違和感かんじる。

幼馴染は先週に私の実家に行ったらしい。いつもは5時間くらいいるんだけど来客があったりして2時間しかいられなかったけど「めろこちゃんの話は一切出なかったよ。普通にいつも通りだった」と。ええー私の話出ないってどゆこと??と思いつつ。

まあとりあえず私が許せる、許せる?なんだろう、大丈夫になったら連絡します。それまではさようなら。その日が来るかどうかは、わからない。

ああ、6時間くらいかかった。
みなさまお疲れさまでした…
















20170104

年末年始まとめ。

寝たきりの正月でしたもりです!

あけましておめでとうございます。今年もこんなゴミみたいなブログをよろしくお願いします。

今年の目標は、金を稼ぐことです。アルバイトでもいいし、文章を書くことでもいい。月に1万円でも全然かまわない。自分でお金を稼ぎたいと思っているもりです。

ちなみにクリスマスプレゼントに買ってもらった海外ブランドの服は12月3日に買ったのに未だポーランドの郵便局にあります。いつ来るんですか。忘れそうだわ。というか届いたら冬終わりそうだわ。

大晦日は前に書いた通り、Abemaでやっていた東西口迫歌合戦というフリースタイルラップ選手権を見ていました。二人でめちゃくちゃ盛り上がりましたわ。ちょうど行く年来る年の時間に終わったのでそこだけNHK。そして年が明けて、うちの親に電話して挨拶。夫の親御さんは21時頃寝ちゃうので電話できず。

この三が日、いや年末年始はとにかく体調が悪くて夫に迷惑かけまくりました。食欲が無いので何も食べないし、食べないと夫は心配するし、食べたくないから作れないし、夫は自分で全部作って食べてました。時々少し食べるくらいで、何も美味しそうに見えないっていうね。コーヒーをやたら飲んでました。

そして年末年始の2日まではダイニングのDIYやってました。楽しかったなー。30日に木材の買い出しに行って、31日に起きたら夫がもうオイルステインという染色剤を塗ってました。ちなみに29日くらいから寝室で寝てない。昨日、いつもの人といつもの人の友達で同じ大学の同級生の初めましての方が来た時にこの話したら「体、バッキバキになるでしょ!?」と驚かれたんだけれども、なぜかバッキバキはもう慣れてしまって全く気にならなくなりました。慣れって恐ろしい。いや私も寝室で寝ようと思うんですよ。でも寝室は寒いので、「あったまってから寝室いこー」と思ってスマホいじってたらそのまま気絶の日々。

実家から送られてきた画像。
おい二人で豪華すぎるだろ。1万もしたらしい。私が家を出てからおせちを作るのをやめた母。毎年買ってるのはいいけどたけえだろ1万て。でも父が好きなのよこういうの。にらみ鯛までしっかりあるわ。


根っからの酒好きの父は正月は濁り酒と決めている。しかも2日くらいで飲み切る。


そんなちゃんとしてる実家をよそに、お雑煮も何もない我が家はレトルトのちらし寿司の素で夫がちらし寿司作ってました。ちょっとだけ食べた。夫の実家が何もしない家なのでこちらも助かるわー。ほんと助かるわー。

木材はもうオイルステインを塗って乾かしてあったので、私がペンキを塗る係に。
いやこれ大晦日だわ。 日にち感覚おかしくなってるわ。これ大晦日です。ペンキ塗るのは楽しくて好きなんだけど、マスキングがめんどくさい。二人がかりでマスキングをちまちまとやる。


6色の板と、オイルステインを塗った柱。


これがブライワックスという蜜蝋のワックス。文字通りワックスなので寒いと固まる。ので、ずっと暖かいダイニングのホットカーペットの上に置いておいた。


いらないバスタオルを切り刻んでウエス(雑巾?)にし、オイルステインをした上からコーティングしていく。オイルステインだけだと水に弱かったり完全に乾かなくて服や手についてしまう可能性があるのでこれが必要なのです。


2m40くらいあるのででかい。

こういうのも好きなのでひたすら刷り込むようにのせていくわけですな。

こちらの小さい方は裏にペンキが塗ってあるので自分がやると絶対失敗すると思って夫に。夫も少しはみ出しちゃったりするのですが油なので大丈夫。一瞬で拭き取ればなんとかなるので二人がかりで塗る。

ブライワックスを塗った木たちを乾かすためにラティスに立てかける。

これ1枚500円とかなんですよ。元々長い板を半分に切ってるのですがそれが1枚900円とかだったはず。なのに木目が美しくてすごいお気に入り。

残りの2枚はタオルラックに乗せて。

柱は壁に立てかけて。

これが元の木の色です。ここまで色が変わるってすごいよなあ。しかも乾いたウエスで磨くとピカピカになるの。いいねえ。ちなみにこの柱も1本500円くらいなはず。


うちの大学には工業デザインという学科があったのだけれど、木工とかやる人がいるわけですよ。それでなくとも家具は自分で、とか家のインテリアをこだわる人を見てきたので、夫と「本当に美大生はこんなことやってたのか」という話をしながら作業していた。私たちなぞ本当にゴミだった。

年末年始のテレビが本当につまらないので、もっぱら夫にチャンネル権を譲る。でも大体今まで撮り溜めたものを見ていて正月感なし。私は私で、ケーブルのTBSニュースバードという24時間ニュースをやっている番組か、韓国のNHKの存在、KBSworldをつけっぱなしにしていた。今も。今はなんか古いドラマやってるんだけれど(見てないので内容はわからない)一々キャストが豪華でそこだけビックリした。

そして我が家、あんなになんやかんやしていましたが、多分ケーブルテレビやめます。録画が大変な上に、画質を落とすことができないので1時間のドラマに11Gとかとられちゃうんですよ。一気に16話録画したらHDDが死ぬわ。ということになり、U-NEXTとdTVに入ることになりそうです。そこで気に入った韓国ドラマは買えばいいかなって(円盤でね)思いました。色々調べたらHuluやNetflixはラインナップがつまらなくて、U-NEXTとdTVを。夫の前の仕事が動画配信系の仕事だったのでそこらへんが詳しくて、一番コンテンツあるのはU-NEXTだよ、と聞いて色々調べてみました。そして二ついいな、と思って夫に言ったら「二つとも入ればいいじゃん」と言われて、確かに今、全然使えないケーブルテレビで8000円くらい払ってるもんな、ということで多分もう少ししたらやめます。いくら見たくても不便だったりデータ食われまくったらなんの意味もねえわ。

元旦は大晦日に見られなかった笑ってはいけないを見た。二人で笑い死んだ。ヒィヒィ言いながら笑った。特に笑い袋のくだりは吐きそうになるくらい笑った。全部面白かった。その後はいろはに千鳥を見てそれでまた笑い死んだ。テレ玉という地方局なのでゆるくて、編集なし。編集無いからもたもたしてるところも全部使うという無謀っぷり。吐き気してても面白いと笑っちゃうもんだね。

もう何日に何したのか忘れてるんだけれども夫はミーハーなので箱根駅伝を見に行っていた。近所を走るのでふらっと行ったらしい。私は寝てた。
マラソン自体は東京マラソンで軟禁状態になって暇だから見に行ったことがあったからか、特に感動も感想も無い夫。そういう人。あの人、感動とかするのかな。


私はジャガイモを買わない人間なのだけれど、夫実家で作ったみたいで送ってきてくれていて、それを放置していた。それを夫がパルメザンチーズで焼いて出してくれた。少し食べた。美味しかった。その後はずっとポテトサラダが続いた。今も冷蔵庫にある。

腹ごしらえしたところで作業再開。今度は板に穴を開けて、金具をつけてネジをとめる。穴は深すぎてもネジがゆるゆるになるからダメだし、浅すぎてもネジが入っていかなくてネジ山が潰れるので難しそうだった。


見守るおじいちゃん。

再びホームセンターへ行って買ってきた水平器。これがないと始まらない。これ300円だって。やっす。一家に一台あるといいね!

柱は専用の装置でつっぱり棒方式に立てた。全部センチ単位で計算して買って切ってあるので、夫はこの柱を30分くらい測って、測ってはずらして、を繰り返していた。
そして板をつけるためにまた穴をあける。穴を開けてはドライバーに付け替えないといけないので隣で助手をしていた私。


こうなりました。3本あるので計測が大変でした。そもそも木はまっすぐなのか、どこがまっすぐなのか、というところから謎だし。


そろそろ終盤。終盤になると二人とも慣れてきてものすごい手際よくできた。


できました。棚ですよ。

棚板の裏は色がついております。このおかげで大変だったぜ…マスキングがめんどくさいったら。夫はモンドリアンを意識したと言っていたけどピンとこなかった。モンドリアンってもっと原色だろ。別の友達には昔一緒に応援していたアイドルのメンバーカラーかと思った、と言われた。確かに見えなくもないんだけど、その存在を忘れていた私。薄情。
これは加工してあるのですが、実物はもっとパステルっぽいです。


とりあえず色々入れてみる。大判の漫画を入れる用に作ったので大判の漫画を全部移動する。

最終的にこうなった。時計もつけてわいわいガチャガチャした印象に。これこれ。こういうのを私はずっと求めてたのよ!という感じで二人でコーヒーを飲みながら鑑賞していた。


飾ろうと思っていたけれど置く場所に困っていたものたちに息吹きが。右側の一番上はお気に入りの絵の本と、ヤムヤムズというキャラの蓋つきマグ。


下は一時期集めていたらしいペッツ。夫が持ってた。

左の一番上は高校生の時に買ったバービーの塗り絵の本。もったいなくて使ってない。オレンジのはニューヨークMoMAで買ったウォーホルノート。これも中身に印刷されているので恐れ多くて使えてない。左のペットボトルはまだ規制が緩かった頃にカラフルな色に惹かれて買ったゲータレード。赤と青。の飲み物だったのだけど、赤は私が飲んで、青は夫に、と思ったのだけれど我慢できずに飲んでしまった。色水でも入れるか。それと、よくしてもらっているお姉さまにいただいた、フランス土産のマークジェイコブスのコーラ。

二段目もMoMAで買ったウォーホルの宝箱。色々入っているのだけれどやはり使うのがもったいないのでそのまま。それと好きなアイドルのCD。ピンクのビデオテープみたいなのがCDです。そしてねこさんに買ったケリケリ専用のぬいぐるみ。全く使わなくなったけれどエビが可愛すぎて設置。

下の段がカラーボックスですがそこもいずれ作ります。カウンターもね。なので今回はそれの練習ということでした。ものすごく楽しかった。体調が良ければもっと楽しかったんだろうなーって思う。夏くらいにはダイニングが完成したらいいなあ。

私は疲れて寝てたのだけれど、夫にいつもの人から電話がかかってきたらしい。それが昨日の夜20時頃。いつもの人は毎年鎌倉で年越しをしているのだけれど、帰りにIKEAに寄ったから、欲しいもの買ってきてあげる、との電話。うちはゴミの分別が厳しいのでゴミ箱が欲しくて、でも行くタイミングを失っていたので頼んだ。

その後22時頃に我が家にいつもの人と、毎年年越しをしている、お噂はかねがね(お互い)聞いていた方と初対面。一浪ののちの同級生なので完璧にタメ。でも学科が違ったので存在を知らなかった。私はその学科に友達がいるのでその話で盛り上がったりしつつ。鎌倉で泊まったところが乾燥してたらしく二人とも咳していた。

右が最初に買ったゴミ箱。左が新入り。右が生ゴミで、左がプラ。

カウンターの下に隠れております。

いつもの人撮影。

目線。


ダイニングで話していて、夫とドヤ顔で作った!といつもの人に見せた。しかしいつもの人にも「モンドリアンじゃねーよ」と突っ込まれていた夫。金具を本当は木材の方が良かったんじゃないかと思っていて、でも木材の金具が高いから諦めたのだけれど、空間に詳しい同級生が「今は木とメタル流行ってるからいいと思うよ」と言っていて、プロの言葉〜!と感動した。「しかしステインとワックスなんてすごいなーめんどくさいよね私ならそのまま使っちゃうわ」と言っていたので「いやそれはセンスあるから大丈夫なだけでうちらがそのまま使うととんでもないことになるから!」と笑っていた。同じくいつもの人は空間が好きで、家はおしゃれ。動線や家具の配置を考えるのが好きらしく、自分でなんでもしてしまう。私たち夫婦、というか特に私がそこに鈍感なので全然わからない。

ひとつわかっていることは、私は何もないミニマリズムのようなものは好きでないことと、自分の生活スタイル上、見せる収納をした方がいいということだけはわかってる。どうしてもすぐにメモ帳とペン、ハサミは出しておきたいし、ノートや雑誌も出しておきたい。それがちょっとでも絵になればな、という感じ。でも基本はちゃんとしてたい。

前の家のようにはなりたくないからねえ。場所は好きかと言われたらまだわからないけれど、家は気に入っているので綺麗にしていたいし。

さて、明日は8時半から病院。8時に起きて20分に出たら間に合うはずだから今からスマホのメモ帳にこの一週間をまとめなければ。

ひとつわかったのは、喉のつまりや吐き気がしたりしたら寝るといい、ということ。これはこの二日くらいでわかってきたのだけれど、ちょっと疲れたりしたらその場で寝る。1時間くらい寝て起きたら復活。そしてまた3、4時間で電池切れ。そしたらまた寝る、の繰り返し。まあ我慢の時だから頓服一回も飲まないで頑張った。

頑張った結果、尻がまたただれて毎日夫に薬を塗ってもらう日々です。
今年はもっと面白い文章が書けるようになりますように…もうあてずっぽうの神様に願う以外ないわ。自分の頭が悪すぎる。


というわけですが本当にただの日記ですが今年一年また新たな気持ちで頑張りますので宜しくお願いします。








20161231

ドトーの一年大晦日。

二日連続リビングで寝落ちしているもりです!

こんばんは大晦日!

4時半だけど。明日、明日ってか次いつ起きるの私。でも今ブログ書いておかないと書けないと思って頑張る。頑張るんだよブログは。好きだから。

全然関係ないけれど、メンヘラ.jpさんというサイトで私が気まぐれに投稿した記事がアップされました。いきなりだったのでびっくり。もっと真面目に書けばよかった…。メンタルを15年ほど壊している私がたどり着いた生き方みたいな記事です。大体ここで書いてることと同じかな。よかったらご覧くださいませ。

2時頃起きたのだけれど、気管が狭くなっててタバコが息苦しい。寒さなのか疲れなのかストレスなのかストレスあるんですよ私にも…!多分。あんま自覚してないんでわかんないけど。ストレスに気づかない人間なので。それとも起きた時に食べたフロランタンの卵に反応してるのかなあ。どちらにせよ身体が弱ってるのは確かだね。

正月の帰省はやめました。今の状況だと行っても迷惑かけるし自分もしんどいし。夫も無理しなくていいよ、と言ってくれたので電話してお姑さんに説明。私はいつも元気な声なので(沈んでる声あんまり出したくない)「この前まで元気そうだったのに大丈夫かい?無理して来なくても大丈夫だからゆっくりして。引越しで忙しかったのもあるんだよ」と言ってくださり、もり家に嫁いで良かったと本当に思いましたね。ありがとうもり母、夫。あまり登場しないですがもり父もめちゃくちゃいい人です。最新ニュースは「ゲートボールを始めた」ということです。

火曜日に7時半に起きて病院。一瞬で着替えて、化粧もせずにバス停まで歩いて、バスに揺られて、8時から診察。7時40分に家出たのに間に合った奇跡。先生と話すのに自信がなかったのでスマホのメモ帳に前日から言いたいこと、出来事などをメモ。それを見せたら「こうやってまとめてくれるとわかりやすい。ありがたいね。これからもこれがいい」と言われたのでこれからもそうします。とりあえず吐き気止めと胃薬を止めた心配や不安があったけれど、その前に一緒に診察に来てもらった夫曰く「飲む量が減っただけで先生は内容はほとんど変えてない話を聞け」と怒られた。薬をたくさん飲むことで安心していたんだなあと。

とりあえず先生的には下痢が心配だということで、整腸剤を出してくれた。そのおかげかどうかわからないけれどほぼ下痢は止まった。時々下痢。

病院の近くの風景。田舎でしょ。


新年の診察は1月4日の8時半。はえー。でもがんばる。「4日…先生も働きますねえ。おつかれさまです。良いお年を」と言って薬局に。薬局も4日から開いてるということで「新年早々大変ですねえ。お疲れ様です。ありがとうございます」と言ったら、けっこうなおじさんおばさんがすごい喜んで「そんなこと言ってくださる方はいません…!ありがとうございます!」と言われてびっくりした。薬剤師さんってそんなに虐げられてるの?って思ったり。薬剤師なんて大変な仕事なのになあ。

家に帰ってコーヒーを飲む。丸山珈琲は飲み終えてしまったのでこちらに。


デカフェってなにかと思ったらノンカフェインのことだったのですね。とにかく1日何杯珈琲飲んでるんだろうってくらい飲んでます。でもあんまり濃いのは飲めないかな。

そんな27日は夫の忘年会。17時に始まって20時に終わるという健全さ。立食パーティだったみたいだけれども人数が少ないので一人一人にお酌して挨拶して、出し物。


PPAPのカッコをして、今年の流行語にノミネートされたトップ10を入れて、転職してからの話をする、という小噺。ちなみにPPAPのカッコしてるのにPPAPの話は一切しないというスカしを織り交ぜて。というのも、夫と入れ替わりに産休に入った方が去年の忘年会で「倍返しだ!」と言って湧いた、ということを聞いて「僕はプライドが高いのでひとつじゃ満足できませんでした」と言って流行語10個入れて話したそうです。結果はややウケ。でも本人的には「こういうのはやりきることが大事。やる気を見てもらえばいい」とのこと。そのハートくれよ。普段は声が小さくて「ああ!?聞こえねえよ!」と言ってるくらいなのに、こういうところに立つと堂々と胸張ってハキハキ話す夫は面白いです。これ、昔から。

今年の大晦日はこれで決まり。
テレ朝でやっているフリースタイルのラップバトル番組「フリースタイルダンジョン」に二人ともハマって、年越しはこれにしました。Abemaに繋いで見てます。みんな刺青があるから長袖。真夏でも長袖。


28日で夫は仕事おさめ。安心の定時の帰宅。LINEで「ケーキ食べる?」と聞かれたので食べる!と。グラマシーニューヨークのケーキを買ってきてくれました。



普通に美味しかったです。まだまだ制覇するケーキ屋さんがあって嬉しい。

食後に二人で話していたら、私はほぼ家事もしないし、やってることと言えば最近は時々料理と、ねこの世話くらい。夫に「なんでねこの世話は私なの?」と聞いたら「めろちゃんが自発的にやることは俺は手出しをしないことにしてるから」ということだった。でも普通の旦那さんだったら家帰ってきてごはんなくて、日中昼寝ばっかしてる妻ってどうなんだろうって思って「夫ちんは優しいねえ」と言ったら「優しくないよ…愛でしょ」と言われた。夫は「愛なんて軽々しく言うもんじゃない」という男なので結婚して丸5年で初めて言われた。びっくり。

昨日は夫が秋葉原に遊びに行き、私は…なにしてたんだろう。覚えてないけど。神戸屋ってパン屋さんのルイボスクランベリースコーンがめちゃくちゃ美味い。安くなる時間を狙って買ってきてくれる。少しずつ食べられるようになれて嬉しい。

どうでもいいけれど、今、KBSworldというチャンネルを見ながらブログを書いている。韓国のNHKみたいなチャンネルの世界版。CMとか面白い。韓国料理はあまり好きじゃないけれど、食べ物の映像好きだから見てるだけでも面白い。

今日は今年最後のお出かけ。行き先は…ホームセンター!!!夫が先に横浜に行って買い物があったのでその間に着替えて化粧。久しぶりにフルメイクした。

友達のカレンにいただいたNARSのブラウンアイシャドウを使用。ものすごく発色が良いのでおそるおそる。ベースに薄いピンクを乗せてから、まぶた全体にブラウン。目尻の方までちゃんと。二重部分に濃いブラウン。のっぺりしがちになるのでまぶたの真ん中だけにaddictionのラメ。マスカラは眉マスカラ。涙袋はブラウンと赤を混ぜて。チークもNARS、存在感がありながらも控えめな色味が最高。口紅もカレンにいただいたm.a.c。真っ赤だけれど薄づきなので目の主張が強すぎる時はちょうどいい。


ホワイトバランスが狂っております。

今日のかっこ。
髪の毛のプリンが笑えない色味なのでニットキャップ必須。ボトムスはPUNYUSなのだけれどワンサイズ大きくてあまり出番が無いけれど履いてみた。靴はx-girl。ブルゾンはgalaxxxy。トップスはしまむら。


ねーこちゃん

整列。

電車に乗って、着いたのはホームセンター。
こんなに「ザ・ホームセンター」に来たのは10年ぶり以上。なんかいいですな。


川。

久しぶりのお出かけではしゃぎまくって、沢山見て色々買って帰りました。が、木材を買ったのですが紐で結べるとかも知らなくて、そのまま持ち運ぶ。しかしこれは無理だ、とわかったので途中で座ってタクシーを電話で探す夫。そこに知らんおっさんが話しかけてきた。元公務員の自称学者。1万冊以上本を持っているのでコンテナを借りてることと、なんかメカを作ってることを言ってた。クソどーでもいいな、と思いながら笑顔で頷いていた。

タクシーは結局つかまらなくて、夫が一度電車で木材を運び、戻ってきて残りの木材を一緒に運んで電車で帰った。夫は妙に清々しい顔をしながら「2度と木材は買いに行かない全部ネットで済ます」と言っていた。それが正しいと思う。我が家は車を持ってないし、持つつもりもないし、必要ならタクシー乗ればいい、と思っていたのだけれど、いつでもつかまえられる東京都心と横浜の片田舎は違うということを今日思い知らされた。つらい。

木材をサンダー(やすり)をかける夫。



色々買ってみた。カシャカシャぶんぶんも追加。でもネットの方が安いからとりあえず間に合わせで1つ。


有名なブライワックス(蜜蝋)。オイルステインの上からニスのように使うもの。

さてさて、何ができるかな。おたのしみに。

川のほとりにいたねこちゃん。さくら、さくら、と呼ばれて、呼ばれると返事して寄っていくなつこさ。しかもすげーデブ。



他にも2匹いて、みんなに可愛がられていた。耳カットもしてあって、去勢、避妊されている印。よかったよかった。

帰宅して数時間。さすがに疲れたのか具合が悪くなってきて、というか胃というか喉のつまりがひどくなってきて、横になって寝た。ら、2時に起きた。夫は寝てた。まだまだ体調が安定しないけれど、先週に比べたらマシなので頑張って乗り越えたいと思います。


美味しくてお手ごろ、とネットで調べて知った加藤珈琲店というところのコーヒー豆。挽いたやつ。私は酸味が嫌なので酸味が少ないものを選びました。しかしキャニスターが無いので買わなければ。後先考えず買ってしもた。

カレンダーも買って、いよいよ新年。

今年はすごい色々あった年で、というか主に夫だけれど、2ヶ月かけて転職試験を受け、11年住んで住み慣れた東京を卒業し、神奈川に引っ越し、引っ越してからの手続きやらなんやら。でも肝心の夫の生活は格段に良くなったのでそれが唯一の救いですな。毎日楽しそう。

来年はどんな1年になるのやら。とにかくみんな健康であってほしいな。ブログの読者さんにも今年1年お世話になりました。2013年からやっているこのブログももう4年目に突入。あっという間だなあ。

来年もよろしくお願いいたします。